HOME>ホットトピックス>家にいながら働けるのが魅力で募集案件も増加傾向

新しい働き方として人気

コールセンターは基本的に、女性がオペレーターとして活躍することが多いです。しかし、寿退社などで仕事を辞めてしまうことが多いのがネックでした。しかし、近年はリモートワークが普及し、一旦退職した方でも、在宅で採用するコールセンター求人の案件が増加傾向にあります。

人材確保の手段として

企業サイドからすると、少子化の問題から人材確保が急務です。このために、柔軟で働きやすい在宅でのコールセンター求人を行うケースがしばしば見られます。リモートワークを導入すれば主婦の他に地方の人材や、シニア層であっても契約をして、自社のスタッフとして働いてもらえるわけです。少子高齢化は現状、加速する一方でしばらく解決する見込みはありませんから、今後は更に、在宅でのコールセンタースタッフの募集は増える可能性が高いと考えられます。

感染症対策も追い風に

コールセンターでは多数のスタッフが集まり、電話ではあるものの長時間、会話をし続けることになります。このために飛沫感染を防ぐ手立てが必要なのですが、その一環としてリモートワークの環境を導入する企業が多数ありました。結果的にリモートワークの実用性に経営陣が気付いた場合、そのまま在宅で働いてもらうと言う考え方もでき、コールセンター求人の活性化にも繋がりそうです。

広告募集中